第一ネット 大刀 丹下左善拵え 【美術模造刀剣】-置物


享保の時代、八代将軍吉宗の治世に江戸の刺客達が恐れる一人の浪人がおり、
独眼隻腕のその男が丹下左膳でした。もともとは、小説の中で脇役として登場し、
その後人気が高まり主人公として舞台、映画化されています。架空の人物ではありますが、
奥州六万石、相馬大膳亮の家臣とされております。流派は北辰一刀流の開祖である
千葉周作の門下となっています。相模大進坊濡れ燕を利き腕では無いと思われる片腕で
使いこなしたことを考えると相当の努力を積んだと考えられ、それこそが彼の剣術の
真髄といえるかもしれません。彼の持つ”相模大進坊濡れ燕”は鎌倉時代に実在した刀匠が
拵えた刀剣です。鎌倉期の相州刀匠、大進坊祐慶が打ち上げた業物です。


全長 約105cm
刃長 約71cm
重量 1250g
材質 刀身/特殊合金 柄/樹脂 鍔/合金製 鞘/木製
付属品 刀袋
※掛台は付属しておりません。

満天の上映作品

第一ネット 大刀 丹下左善拵え 【美術模造刀剣】-置物

<a href=木座スツール HM-320 インテリア 収納 イス チェア スツール 背もたれなし 木製 送料無料 代引手数料無料 日本製 国産 会社 会館 施設">

第一ネット 大刀 丹下左善拵え 【美術模造刀剣】-置物